カラーコーディネーターのテキストと過去問について

カラーコーディネーターの勉強をする場合、公式テキストと公式の過去問を使います。
(独学の場合) 東京商工会議所かA・F・Tのホームページで購入できます。

ここでは各教材の特徴を理解して、どのように勉強していくかポイントを掴んで下さい。
(テキストの解説)
尚、カラーコーディネーター検定と色彩検定は、それぞれ教材が違います。

■カラーコーディネーター検定教材
カラーコーディネーター検定の公式テキストは、中身が濃い内容になっています。
3級はそれほどではありませんが、2級以上になると内容が充実しすぎていて、
かなり分厚いテキストと感じるでしょう!

そこで、重要になるのは、全てを覚えようとしないことです。
もし、カラーコーディネーター検定の公式テキストを全て覚えようとしてしまえば、
勉強量が多くなってしまい、挫折する可能性もあります。
ですので、出題範囲を絞って出来るだけで少ない知識を確実に覚える事が
合格へのコツとなるのです。

その時のポイントとなるのは、
過去問から頻繁に出題される項目を公式テキストで勉強するのです。
それだと、余計な勉強することがなくなり、出題範囲を絞って勉強することが 可能になります。

■色彩検定
色彩検定は、カラーコーディネーター検定と逆で、 主題範囲を絞っていて初心者でもわかりやすいテキストだと思います。
ですので、色彩検定の場合は、何の工夫もなく、テキスト通り勉強していけば良いでしょう。

しかし、色彩検定にはテキストに載っていない問題が出題される可能性もあります。
その場合、公式テキストだけでは対応できないので、
新たに参考書を購入しなければなりません。

ただ、それは公式テキストをある程度理解できてからにして下さい。
何故なら、はじめから、様々なテキストや参考書を購入すると、
知識が定着しませんし、覚える事も多くなり挫折してしまう可能性もあります。

とりえず、テキストを理解して、過去問を解き、
その過去問を解いていてテキストに載っていないことがあれば、
参考書を購入して補うといった感じです。

是非参考にして下さい。