カラーコーディネーターの勉強法

効果的な勉強法と言うのは、シンプルで単純な勉強を毎日継続させる事です。
その方法をいくつか紹介していきます。

本当にシンプルなことですが、これから紹介する勉強をいかにするかで、
合否に影響してくるので必ず実践して下さい。

■復習はこまめに行なう
勉強で一番重要なのは復習です。
知識をインプットすることよりも復習を多くするほうが、
学力は上がるという 実験結果もあるくらいです。

復習する上でのポイントは、こまめに行う事です。
良くないケースとしては、全ての勉強をやり終えてから、最後に復習をする方がいます。
しかし、それだと今まで勉強したことをほとんど忘れている可能性が高いので、
一から勉強のやり直しになり、あまりにも非効率です。
ですので、復習はこまめに、具体的には1項目ごととか、
昨日勉強した事を復習するとかにして下さい。
もう一度言うと、 知識をインプットする時間よりも復習する時間を 多くする事です。

■まずはイメージ作り
はじめて、カラーコーディネーターの勉強をする際は、まずテキストを読みます。
その時に、いきなり細かな知識を覚えようとしないで下さい。
まずは、一度テキストに目を通し、どのような勉強をするのか、
イメージを掴む事が重要です。
そうすることで、自分の中にカラーコーディネーターのバックグランドが出来、
細かい知識が覚えやすくなります。

■過去問は3回以上繰り返す
カラーコーディネーターの試験は、過去問をベースとして作られているので、
過去問を攻略できれば、ほぼ合格出来ます。
ですが、過去問を攻略するためには一問ずつ正確に理解しなければいけないので、
何度も繰り返し解けなくてはいけません。
3回というのは、あくまでも一般的な数字ですが、
それくらいやらないと 過去問攻略は出来ないと思います

■学習期間は3ヶ月~6ヶ月で
各級によって学習期間は異なりますが、
できるだけで3ヶ月~6ヶ月以内で 勉強を終わらせるようにして下さい。
何故なら、学習期間が長くなると、はじめの頃に勉強した事が忘れやすくなり、
それを防止するためには復習の回数を増やさなければいけなくなります。

しかし、3ヶ月~6ヶ月くらいなら、効果的に知識を覚えていられますし、
復習の回数も少なくてすみます。
また、期間が長すぎると、ダラダラ勉強してしまい、効果的な学習が出来ません。